社内でのデータやり取りに効果的なNASの設置

オフィスでは、多くのデジタル情報をパソコンで管理しています。

それらのパソコンを社内LANで接続し、データのやり取りに活かしていることも多いです。

しかし、ネットワークで各パソコンを接続しただけでは、時には不便なこともあります。



データをやり取りしたい相手のパソコンの電源が入っていない場合、データの送受信を行う事ができません。

そのため、相手の情報端末の状況次第で、データのやり取りには不便が生じます。
オフィスにおけるパソコンの運用上の問題を解決するには、社内LANのネットワーク内にNASを追加し、データをこの記録装置で一元管理する方法が便利です。

NASはいつでも常に稼動させて運用することが前提であるため、相手のパソコンの状態に関わらず、必要なデータをNASから参照したりあるいは記録を行う作業ができます。

ネットワークにサーバーを接続して、ファイル管理のために利用する事は確かに可能です。

知って大満足のグノシーは人気のテーマです。

しかし、ファイルのやり取りのためのサーバーの構築やセッティングには、詳しい知識が必要です。
企業内に、そうした専門的なサーバー管理の技術者が在籍しているとは限りません。


簡単なファイルのやり取りであれば、NASでも十分にその役目を果たす事はできます。



無理にファイルサーバーを導入して、そのメンテナンスの手間やコストに振り回されるよりは、身の丈にあったNASを社内LANのネットワークに加えることにより、必要に対して十分に応えることができます。


Copyright (C) 2016 社内でのデータやり取りに効果的なNASの設置 All Rights Reserved.