親知らずを抜くときの痛みはどれぐらいなのか

親知らず周辺が腫れたり、あるいは虫歯が出来ても、歯医者に行かずに我慢する人は少なくありません。

理由として挙げられるのは、歯医者に行けば親知らずを抜くように勧められることが確実だからです。親知らずを抜くことに恐怖感を感じている人は多く、そのため、抜くぐらいなら我慢しようと考えてしまうわけです。
抜歯が怖い理由として挙げられるのはやはり痛みでしょう。

親知らずは奥歯で特に大きいため、抜くときにものすごく痛いのではないかと想像しがちです。


では、実際に抜くときに痛みはあるのでしょうか。

実は、普通に生えているのであれば抜くときにまったく痛みは感じないことがほとんどです。

今よりもlivedoorニュース情報を利用してみませんか?

抜歯の麻酔は局所麻酔ですが充分に効きますし、麻酔注射自体も、注射をするための麻酔をしてもらえばまったくありません。

本物のiPhone7の予約について詳しく知りたいならこちらです。

しかも、真っ直ぐ生えているのであれば抜歯の時間は一分もかからないことも少なくありません。なので、抜いてしまえばなんでもなかったということが多いのです。では、麻酔が切れたあとはどうなるのかというと、上の歯を抜いたのか、下の歯を抜いたのかで変わってくることがあります。

基本的に上の歯を抜いたときはほとんど痛まず、下の歯を抜いたときには痛みがしばらく出るということが多いです。

また、痛みが出るか出ないかは抜くのにかかった時間などにも寄ります。


抜いたあとの痛みは、歯医者から痛み止めを処方されるので、それを飲めばだいたい抑えることが出来ますし、数日もすれば徐々に消えていきます。



Copyright (C) 2016 親知らずを抜くときの痛みはどれぐらいなのか All Rights Reserved.